抵当権に関する情報について紹介していきたいと思います。

  • 抵当権の場合の移転登記
    • 抵当権の優先弁済権だけの移転
    • 被担保債権の譲渡による移転
    • 抵当権の一部だけの譲渡もできる!?
    • 登記の当事者は譲渡人と譲受人
    • 保証人が弁済したときは当然抵当権が移転
    • 親子間・会社取締役間など利益相反に注意
    • 抵当権の権利・債務も相続の対象
  • 根抵当権の場合の移転は少し違う
    • 根抵当権の優先弁済権そのものを移転"全部譲渡"
    • 2つに分割して片方を移転する"分割譲渡"
    • 1つの根抵当権を共有する"一部譲渡"
    • 根抵当権の確定前の譲渡には承諾が必要
    • 元本確定後は抵当権と原則同じ
    • 根抵当権は相続の際がややこしい
    • 抵当権よりも利益相反が厳しい

不動産と深〜い関係!?抵当権移転登記は意外とカンタン!!

登記は不動産を扱う際に、必ず一度は目にすることになるでしょう。不動産の登記とはその不動産の所有者の権利を守ったり、不動産そのものを守っていく存在となります。そのため登記をしておくのは重要なこととなります。

その中で抵当権の移転というものがあります。移転と聞くと少し難しいようなイメージを抱く人もいます。確かに仕組みが複雑な面もありますが、しっかりと理解していけば、手続きを行っていくことができます。

ここで注意しなければいけないのが、余計な知識に触れることを避けながら必要な知識を取り入れていくということです。他の知識を取り入れてしまうと非常に混乱していきます。知識が十分にないと使いこなせないような言葉も多数存在します。不動産の知識はそれだけ奥が深く、理解してもしきれない特徴をもっています。そのためはじめは自分の知りたいものだけについて知っていくことが良いでしょう。わからない言葉なども多く出てきますが、その範囲内で噛み砕いていけば理解できることもあります。ここでは抵当権の移転登記について噛み砕いて紹介していこうと思います。理解しきれない部分もゆっくりと少しずつ確認していくことが大切です。

不動産と深〜い関係!?抵当権移転登記は意外とカンタン!!

抵当権の場合の移転登記

抵当権の移転登記について紹介していきます。

根抵当権の場合の移転は少し違う

根抵当権の場合の移転についてここでは紹介していきます。

Copyright(C) 2011 - 不動産と深〜い関係!?抵当権移転登記は意外とカンタン!! - All Rights Reserved.